プロになる為の養成所『タイガーピット・アクターズ』
トップ ニュース レッスン 講師 デビュー 入所について


〜「タイガーピット・アクターズ」が考えるプロ育成理念〜

 タイガーピットでは「プロ」になる為にはどうしなければならないのか?
あるいは、「プロ」になる為にはどうあるべきなのか?何が必要なのか?
と言うことにとにかく拘っていきます。

 「エンターテインメント」を趣味やファッション感覚に考えている方々、習い事感覚で受け止めている方々の入所はお断りしています。

 なぜならば、純粋にプロを育成する為のプログラムや指導を施すので、実にストイックです。

 技術やノウハウを使いこなす為にはそれ相応の考え方や人間力を養わなくてはどうにもなりません。


 生まれ持った才能でプロの仲間入りをする「天才」もいます。
 勢いでプロの仲間入りをする人もいます。運やタイミングだけでプロの仲間入りをする人もいます。


 しかし反面、夢焦がれても望んでもその仲間入りすることができない人は数え切れないほどいるはずです。


 そういう人たちは何で勝負するのか、、、、、?


 ひとつはプロである為に最低限必要となる思考力・洞察力・順応力・発想力・理解力・瞬発力・持久力、、、、、、、などなど、、、、携わる人達、接する人達、あるいは見てくださる人達に安心感と信頼感と期待感を与える事ができる、または感じてもらう事ができるような「人間性及び、人間力」。

 更にはメッセージを伝える為になくてはならない自身の「体の性能」。


 それらを安定的にコントロールすることで生まれる「裏付けのある技術」。


 ノリや勢いや単なる感覚で創られる、表情や表現や音やカタチではなく、それぞれがちゃんとした裏付けをもとに創られるものでなくてはならないと思う。


 例えば10回の舞台中(または現場)、勢いで何ステージかとても素晴らしいパーフェクトパフォーマンスができたとしても、それ以外の何ステージかで「イマイチ」なパフォーマンスしかできていなければ、「イマイチ」な場面に当たってしまったお客さんはどう思うだろうか?

 それより、最低限、すべての人が満足できるだけのパフォーマンスを10回中10回できるからこそ全てのお客さんが安心と信頼をしてくれるはず。


 不確実な「不安定供給」ではなく、確実な「安定供給」が出来てこそが「プロ」であるはず。


 そして「安定供給」する為のパフォーマンスを確実にコントロールできるからこそハイクオリティーな個性やオンリー・ワンに磨きがかけられるはず。

 よって、プロとして定着できている人達は少なからずとも「心」「体」をコントロールするスキルがあるから「技」に磨きがかかっている。

 だからプロフェッショナルは凄いと云われるし、凄いと感じられるものだと思う。


「上手いアマチュア」より「信頼感のプロ」なのである。


 タイガーピットでは、そんな「プロ」というものを真剣に考え、真剣に創り上げようとしています。


 故に、そこでトレーニングをする人達も「プロ」というものを真剣に考え、真剣に取り組まなくてはならない場所なのです。


 実に「狭き門」である「プロの演者」への道。いくら夢焦がれても、どれだけ希望しても、到達するにはあまりにも難しい超難関。

 何の保障もない超イバラの道、、、、、、


 しかし、自分の事を信じて、ひたすらやれることを一生懸命にヤリ通すしか、その道を切り開くことはできません。


タイガーピットは、そんな夢と目標に真剣に向き合う人達を精一杯応援します!!

株式会社タイガーピット・エンターテインメント
代表取締役/新人開発プロデューサー

田中陽一郎
(たなか よういちろう)
プロフィール


東京の芸能スクール・俳優タレント養成所『タイガーピット・アクターズ』 俳優・女優/声優/タレント/他 オーディション情報アリ